ノブナガの仮想通貨日記

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。暗号通貨に関することを記事にします。

PoS通貨の可能性ー田中氏のPoS理論をもとに

どうもー。ノブナガです。

 

今日は前回に続いてPoS通貨について考えていきたいと思います。

(前回の記事はコチラから)

youdan.hatenablog.com

 

前回の記事ではPoS経済圏では①格差が拡大すること、②PoW通貨に比べて流動性が低いこと、③PoSではデメリットが語られにくいことを記事にしました。

今回は前回の議論をもとに私がPoS通貨をどのように考えているのかを記事にしていきます。

 

結論から述べるとほとんどのPoS通貨に将来性はないが、一定の条件を満たせば成立する可能性もある、と考えています。

 

 決定的な流動性問題

前回の議論で問題点として挙がった「格差が拡大すること」については、そこまで大きな問題にはならないでしょう。格差が拡大することに違和感を抱き、それで使用を辞めてしまう人が多いとは思いません。 

 

問題は「流動性が低い」こと。私はこれがPoS通貨の決定的な弱点だと思います。

 

少し横道に逸れますが、機関投資家などの大口投資家は多くの場合、流動性が確保されていることを市場参入の条件にしています。東証一部レベルの流動性がないと投資できないという機関投資家もあるくらいで、暗号通貨市場に機関投資家がなかなか参入できなかったのは、流動性問題があったからに他なりません。

 

PoS通貨にはこの流動性問題をクリアすることがPoW通貨に比べて難しいのではないか、と考えています。 

 

ただし、この問題を解決することが絶対に不可能かというと、そうではなく(かなり厳しいですが)一定の条件を満たせばPoS通貨も成立することが可能だと思います。

 

流動性問題を克服する条件

条件①:継続的な実需の必要性

 この流動性問題を解決するのは、いくつかの解決法しかないと思われます。そのうちの一つがPoS通貨に継続的な実需があること。

 

実需とはここでは生活に必須なレベルでの需要と想定しています。

たとえば某国の電気代の支払いはPoS通貨でしか受け付けない、となればその通貨を使用せざるを得ないでしょう。(まあ、そんなことをしたらその電力会社は潰れると思いますが)

 

このような実需があれば、その国の住民はPoS通貨を買わざるをえない(=継続的に需要が発生する)ため、通貨として生き残る可能性があると思います。

 

注意:ICOは実需とは言えない

誤解すべきではないのは、ICOは実需とは言えないということ。所詮、ICOとは投資マネーにすぎません。投資マネーは投資家しか呼び込みませんので、継続的な需要発生と呼べるかはきわめて疑問です。

 

もちろん、ICOプラットホームになれば無意味とは思いませんが、実需にはかなわないと言うのが私の見方です。

 

条件②汎用的な利用が可能である

先の例で言う某国での電気代の支払いのみでしかその通貨が使われていないような場合、継続的な需要発生には限界があります。特定の用途のみでしか使えない通貨は一時的に利用者が増えても、その後頭打ちになってしまうからです

 

しかし、用途の対象が幅広くなれば、議論は別です。たとえば、A国のすべての物品の購入にそのPoS通貨が利用できるという(第2の法定通貨のような)レベルで普及すれば、その通貨が欲しいという人は継続的に発生するでしょう。

 

言い換えれば、汎用的な利用が可能な通貨であることが、PoS通貨が成立する条件の1つだと思います。

 

 

 

まとめ

まとめます。PoS通貨が成立する条件として、①継続的な実需が発生すること、②汎用性な利用が可能であることを挙げました。

 

私の解釈では、上記の2条件を満たすPoS通貨は現在のところ存在しません

ほとんどのPoS通貨にとって条件①②は大変厳しい条件です。条件を満たすことができない通貨がほとんどでしょう。

 

ですが、将来的に考えれば、条件①②を満たす通貨が出てきてもおかしくありません。私が期待しているPoS通貨があることも事実なので、最後にそれを紹介したいと思います。

 

おわりに:将来的には成立するかもしれないPoS通貨

①Omise GO(OMG)

期待できるPoS通貨の代表はOmise GOですもちろん現状ではインフラとはとても言えず、厳しいでしょう。

ただし、Omise GOがEUにおけるユーロのような、東南アジアの基軸通貨のような通貨になれば、PoS通貨として成立可能だと思います。

今後の開発・普及次第では成立可能性もなくはないのかな、と思っています。

 

②イーサリアム(ETH) 

現在イーサリアムはPoWですが、PoSへの将来的な移行が検討されているので、候補として挙げておきます。もしイーサリアムのワールドコンピュータ構想が成功し普及すれば、PoS通貨として成立するでしょう。

 

 ワールドコンピュータ構想については日本語の情報が少ないのが現状です。なんとなく雰囲気をつかむのには下記がオススメです。

本当によくわかるイーサリアム入門 | ビットコイン研究所

 

 追伸

以上、PoSについて検討してきました。末筆までに上記で挙げた2通貨は、あくまで開発者の思惑通りに考えた(楽観的見通しに立った)場合ということを最後に付言しておきます。

 

私からの意見は以上です。ありがとうございました。

 

仮想通貨においてPoSは成立するのかー田中氏のPoS理論をもとに

どうもー。ノブナガです。

 

今日は少々硬派なテーマについて。 

現在、時価総額上位の仮想通貨の多くはPoWというアルゴリズムで動いています。 一方で、PoSという全く異なるアルゴリズムも存在し、PoWに比べて、こちらの方がエコであるとも言われてします。

 

今日はPoWとPoSについて深く掘り下げ、「仮想通貨においてPoSは成立するのか?」を全2回で検討していきたいと思います。

 

前編の今日は日本の暗号通貨界の重鎮、田中氏のProof of Stake(PoS)についての記事を取り上げます。

 

田中氏のツイッターアカウントはこちら↓

田中😇 (@tanaka_bot_1) | Twitter

 

まず初めに紹介すると、田中氏は間違いなく今抑えておかなければならないビットコイナー(ブロガー)の一人です。暗号通貨についての造詣も深く、特にPoSを一刀両断した本記事は私自身に大きな影響を与えています。

medium.com

上記の記事は一言で言えば「PoSを採用する暗号通貨に未来はない」ということを説明しています。本記事について私なりの補足などを加えながら、理解がより深まるように解説を加えていきます。

※まずは田中氏の記事を一読することをオススメします。

 

 

PoWとPoSのシステムとは

Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)について、もう一度簡単に確認しましょう。

PoWはマイニングによって通貨の信頼を担保している

PoWとはマイニングという計算をすることによって取引の承認が行われる仕組みです。マイニングは膨大な桁数の計算(ハッシュレート)を瞬時に行い、正解に最も早く辿り着かなければ報酬は得られません。計算を行うことで不正を排除できる仕組みとなっている一方で、電気代などといった実費用がかかります

PoWで不正取引を行うことは困難で、マイニングのシェアを51%以上占めない限り不正を行うことは不可能と言われています(詳細は51%attackで検索してください)

 

PoSは不正を行うインセンティブをなくすことで通貨の信頼を確保する

一方でPoSとは保有者の承認によって取引の承認を行う仕組みです。なぜこんな簡単な仕組みが成り立つかというと、保有者が経済合理的に振る舞えば、正しい取引の承認を行うことが期待できるからです。

どういうことかというと、もし保有者が不正取引を認めると、当該通貨の信頼性が損なわれます。そうするとその通貨を保有する人が減り、結果として通貨自体の価値が落ちることになります。自ら通貨を保有しているのに通貨の価値が下がって欲しい、と思う人はいないでしょう。ですから、正しい取引の承認を行うことが期待できるのです。このような仕組みであるがために、PoS通貨はマイナーなしで成立しています。

 

PoSの問題点

①格差が拡大する

 田中氏は記事中でこのPoSの前提を述べたうえで、PoSの問題点として、格差の拡大を上げています。

 例えば、10コインを持つユーザAがマイニング報酬として月に0.1コインを受け取った場合、1000コインを持つユーザBは10コインを報酬として受け取ることになります。 この世界での1ヶ月の生活費が平均で1コインとすると、ユーザAはマイニング報酬とは別に働いて0.9コイン稼がなければ赤字になってしまいますが、 ユーザBは何もしなくても9コイン黒字となり、その分資産が増えることになります。 PoS経済圏の中では、格差は常に拡大し続けることになるのです。

 

「PoSでは格差が拡大する」という点について、私は完全に同意します。PoSという通貨は、いわば配当型の通貨であり、株式などのように保有すれば保有するほどリターンを得られる(=格差が大きくなっていく)構造なのです。

②PoS通貨には流動性が少ない

PoS経済圏下で、人々はどのような行動をするのでしょうか。田中氏は貧者、富裕層に分けて行動を分析しています(詳細は田中氏のブログ参照)

 

それによると、富裕層はPoS経済圏にとどまり、何もしない(=PoS通貨を使わない)ことが経済合理的であるとされています。(PoSでは保有していれば勝手に通貨が増えていきますから使う必要はありません)

 

一方で、貧者は、①PoW経済圏に移動すること②自分より貧しいものをPoS経済圏に連れてくることが経済合理的であるとしています。

ここは難解な点なので、例を用いて詳しく説明します。

(ちなみにこの点について、結論自体は田中氏に同意なのですが、根拠付けは田中氏と私では少々異なるのでご留意ください)

 

たとえば、あなたが十分に価格が上がったPoS通貨を購入した場合、売却益を得るためにはさらに高値で購入する投資家を必要とします。これが②の真の意味で、つまり「自分より高値でPoS通貨を買う投資家を連れてくる必要がある」ということです。

②がわかれば、①も理解できるでしょう。

つまり、②はどう考えても持続不可能です。いつか限界が来ます。ですから、②が崩れる前に①のように早めに逃げることが合理的とされるのです。

 

このロジックはPoWにも適用できそうですが、私の理解では大きな違いがあります。

1つ目に、PoWではマイナーという第三極による参加が常に促されている点です。マイナーは自由競争にさらされるため、環境に適応した者しか生き残ることができません。したがってマイナーの構成員は常に変化し続けます。

2つ目にPoW通貨のホルダーが通貨を保有すること自体に大きなメリットがない点です。そのため、PoS通貨に比べて通貨の使用が促されます。

上記の結果として、PoW通貨とPoS通貨では「流動性」という点で大きな違いとなって現れます

つまり、PoW通貨では、新規にPoW通貨を保有する者が常に存在し、またインセンティブ構造上、通貨を保有し続ける(PoS通貨に比べて)投資家が少ないために、②の持続不可能性を和らげているのです。

 

 ③通貨の構造上デメリットを述べにくい

これは軽く流しますが、PoS通貨は流動性が少ないため、小さな売りが大きな価格下落を招くことになります。ですから、通貨の設計構造上、デメリットを述べにくい性質があります。

 

 まとめ

田中氏のブログをもとにPoS通貨の問題点を列挙してみました。このように一見エコな仕組みに見えるPoS通貨には大きな問題点が隠されています。

田中氏は以上のことから「長期スパンで考えた場合、PoS通貨がPoW通貨に飲み込まれてしまうのは確実」と結論づけています。

 

ちなみに私自身の結論については田中氏とは少し異なります。次回はその点について明らかにしていこうと思います。

 

次回の記事に続きます。ではでは。

Zaifはサブ口座として開設しておこう

どうもー。ノブナガです。

 

今日は久しぶりに取引所の記事でも書きます。

今日の主役はZaif

f:id:youdan:20171103173940p:plain

 

 結論から先に言うと、

Zaifをメイン口座として使うのは正直危ない点もあるけど、サブ口座として開設しておいたほうが有用だよ、って話です。

 

メリットとデメリットがある取引所なので、それを今から説明していきます。

 

Zaifのリンクを置いておきますね。

Zaif取引所を口座開設する

 

 

 

なぜZaifの口座開設をオススメするのか

改めて簡単に紹介すると、Zaifとはテックビューロ社が運営する国内の仮想通貨取引所です。仮想通貨ブーム前から存在している、老舗の国内仮想通貨取引所です。

メリット1:珍しい仮想通貨を多数取り揃えている

主な利点はPEPE CASH(PEPE)Mona coin(MONA)Counter party(XCP)Zaif token(ZAIF)BitCrystals(BCY)など、他の国内取引所ではなかなか購入することができない仮想通貨を買うことができることです。

 

先月のMONA高騰もZaifを開設していないと波に乗ることは難しかったはずです。価格が暴騰した時に波に乗るためには、当然ながら自分が開設している取引所でその通貨を取り扱っている必要があり、取り扱い銘柄が多くなるということは大きなアドバンテージです。

 

メリット2:アルトコインの板売買ができる

また、Zaifは国内の大手取引所でほぼ唯一アルトコインの板売買ができる取引所です。

(厳密には他にもアルトコインの板売買ができる国内取引所はあるのですが、現時点では流動性が乏しく正直オススメできません)

 

板売買ができるということはスプレッドが発生しません。したがって、売買における手数料を節約することができます

 

あまり言及される方はいませんが、投資において手数料というのは非常に重要で、資産運用会社経営者のジェームス・ギブソンも手数料についてこのような名言を残しています。

せっかちな投資家が年間10%の収益を上げたとしても、年に二度もポートフォリオを総入れ替えし、それぞれ3%の手数料をブローカーに払っているとすれば、その年の収益のなんと60%がブローカーに取られてしまうことになる。このような愚行を避けるためにも、その年の収益とブローカーに支払った手数料を毎年毎年比べて無駄ではなかったかどうか細かく検討する必要がある。

 

3日に1回トレードする方は年間で100回以上トレードすることになります。

少しでも手数料が安い取引所を使うことは長期的に見ればめちゃくちゃ大事です。 その点でZaifは強く推奨できます。

  

暴騰・暴落時にはサーバーが落ちやすい

そんなメリットに溢れるZaifですが、唯一の欠点がサーバーが落ちやすいこと。重要な局面で、サーバーが落ちてしまうという事象が年何回か発生しています。

 

昨日のBTC暴騰で一瞬99万円をつけたw

象徴的なのが昨日です。

他の国内取引所ではBTC/JPYの高値が86万円前後なのに対して、Zaifではサーバー落ちの影響で高値が99.9万円。。。

 

ちなみに夏にも同じようなサーバー落ちがあったみたいです。

 

捉え方次第ですが、メインの取引所として使うにはちょっと心もとないですね。 

 

信用取引は順張り一択で:指値は遠くに置こう

ただし、逆に言えばサブ口座としては有用だと思っています。

 例えば今回もBTCをロングで保有し指値を遠くに入れておけば、大きなプレミアムを得て約定することができます。

(まあ、逆に言えばBTCのショーターはほとんど焼けていますがw)

 

一応、過去数例から分析すると、短期的に価格が高騰していって、最後の一伸びの局面でサーバーダウンする傾向が確認できます

 

Zaifで順張りしておくと思わぬ価格で約定し、ボーナスを得ることができるかもしれません。

 

取引所も得意・不得意があるので、使いわけが大事

このように取引所によっては得意・不得意がある場合もあります。

Zaifのこのような特徴は理解しておきましょう。まあ、このような局面は年数回程度ですが、今後も発生すると思うので、取引所を使い分けることを意識しましょう。

 

 

まとめ

そんなわけで、国内取引所Zaifを取り上げました。トレーダーとしてはメリットも多く、取引所開設のメリットは大きいと思います。

 

また、今後はCOMSAトークン(CMS)の上場も予定されています。今後さらに取引人口も増加し、流動性も高まっていくことでしょう。

 

サーバーをもう少し強くなるともっと強くオススメできるので、そこだけが課題ですね。ただ、前述したようにサーバーが弱いことをうまく利用する戦略も立てられるので、一長一短なのですが。

 

そんなわけで、Zaifの記事を書きました。リンクを貼っておきますので、ぜひ私の紹介経由でZaifに登録してください。 

Zaifの登録はこちらから

 

 私経由で登録をすると、モテモテになって、年収も上がり、悩みはすべて消えてなくなり、一生幸せに暮らせるようになります。

 

私経由で登録しないと、地獄に落ちます。

嘘です。

 

 

ビットコイン最高値更新!!

どうもー、ノブナガです。

ついに来ましたね!

ビットコイン最高値!

 

一時86万円超え!

 

 

現在は落ち着いて、79万円くらい〜。


f:id:youdan:20171102205331j:image

 

個人的にはここが短期的な天井のような気もしています

が、

ここから大きく下がるとも考えにくく、どうなるかはまったく読めません。

 

まあ、かなり相場に熱くなっているところだと思いますので、少し頭を冷やせるようなコーヒーブレーク的記事を書こうと思います。

というわけで、今日はビットコインの今後の戦略を私の主観を交えて簡単に解説していきます。

 

 

 

ビットコインの直近はハードフォーク関連でネガティブ

ビットコイナー的にはビットコインの直近の話題はbtc2xへのハードフォークです。

このハードフォークにはいろいろなブログで解説されているようにリプレイプロテクションが実装されておらず、BTCの危機とも言える状況になっています。とてもbitcoin goldのようには行かないでしょう。BTCの値下がりもやむを得ない。私はそう考えています。

(ハードフォークに関する私の解説記事はこちら)

youdan.hatenablog.com

 

 

 

 

年末はCMEグループのBTC先物上場観測でポジティブ

一方で、かなり大きなポジティブサプライズはこちらのニュース。

米CME、ビットコインの先物取引を開始 価格も急上昇 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

 

どういうことかと言うと国内外を含めた機関投資家などの金融マネーが正式に流入してくるということです。

参考までに、日本の東証一部の株式時価総額が約660兆円です(11月2日現在)。日本の東証一部だけで、この額ですから、世界の金融マネーの流入は桁違いのマネーが流入してくることを意味します。

もちろん、まだ速報の段階ですが、このニュースが本当に実現すれば年末にかけてもう一伸び、二伸びがあるかもしれません

 

暗号通貨先物市場が作られる意義

そして、このCMEの先物上場はBTCの価格面以外にも大きな意義があります。それは米国当局も暗号通貨の意義を認めざるを得ない状況になってきた、ということ。

 

言い換えると、急速に信用形成が進んだ結果、世界的にも暗号通貨に肯定的な見方が主流になるということを意味しています。

 

私の知る限りでは、現在の日本の法律的に金融機関の暗号通貨取り扱いはアウトです。しかし、今後は法改正がなされ、金融機関も暗号通貨を取り扱う時代が突入することでしょう。

 

今後の戦略:ガチホもありだが一時的にアルト逃げもあり

話が逸れましたので、ビットコインについてまとめます。

私の見通しは直近はネガティブ、年末に向けてポジティブです。ですから、ここで一時アルトに逃げるのも一案かな、と思います。

 

いずれにせよ、年末から来年にかけて暗号通貨市場はどんどん上昇していくことでしょう。そして、アルトコイナーは自分の通貨の価値が問われてくることでしょう。

 

私もアルトコインの勉強をしなくては。

今後が楽しみですね。

以上、速報でした。ではではよい連休を。

  

 

COMSAトークンの配布が間近です。Zaifをまだ開設していない人は今のうちに。

Zaifの登録はこちらから