ノブナガの仮想通貨日記

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。暗号通貨に関することを記事にします。

はじめからはじめるイーサリアム(Ethereum)入門:仮想通貨ETHとは?

はじめまして。暗号通貨ブログを始めました。今日はイーサリアムを簡単に解説していきます。

 

イーサリアム(ETH)とは価格が暴騰し、一時はビットコインを抜いて時価第1位になるのでは?と噂された仮想通貨(アルトコイン)の一つです。

f:id:youdan:20170727005648j:plain

 

 

 

 

 イーサリアム(ETH)とはなにか

イーサリアムは2017年7月13日現在、ビットコインの次に時価総額が高い通貨です。

時価総額は約2兆1500億円。

(現在の時価総額を知りたい方は下のサイトのMarket capという項目をどうぞ)

CryptoCurrency Market Capitalizations

 

2017年7月13日現在、1位のビットコインは約4兆4000億円。

現在の仮想通貨全体の時価総額は9兆4000億なので、この2通貨だけで仮想通貨全体の69%を占めています!

 

イーサリアムとはプロジェクト連合

正確にはイーサリアムは仮想通貨の名称ではありません。

 

イーサリアムは「イーサリアム・プロジェクト」という数百あるプロジェクトを実現するために用いられるプラットフォームの総称です

 

 

そのイーサリアムプロジェクトに使われる仮想通貨を「ether(いーさー、アルファベット3文字ではETH)」と呼び、そのETH を用いて資金調達を行いトークンを発行しています。

たかすでに数多くのトークンが上場されており、Augur(REP)Golem(GNT) DigixDAO(DGD)などが有名です。

 

 

 

イーサリアムの技術:スマートコントラクト

スマートコントラクトとはコンピュータが理解できるプログラム

 イーサリアムの特徴的な技術がスマートコントラクトと呼ばれる技術。

スマートコントラクトとは人間の判断が不要な契約のことです。

 

 

この点は大石さんの記事に解説があるので、こちらをご覧ください。

doublehash.me

スマートコントラクト×ブロックチェーン

 

スマートコントラクトにブロックチェーン技術が組み合わさることで

中央の機関が不要になり、分散的にコントラクト(契約)を行うことができます。 

 たたたた

つまり、当局(人の手)を完全に排除して、機械が自動的に契約を実行してくれることが可能ということです。

 

これを応用すると胴元なしで賭けができたり、当局なしで公的な証明ができたりするのです。また、中央の機関が不要なので、コストを大幅に下げることができるのです。 

 

イーサリアムと価格は上がるのか

それではイーサリアムの将来性や価格はどうでしょうか。

  

まずは価格と通貨の発行枚数をチェックしましょう。

 

2017年7月現在、イーサリアム価格は23000円。発行枚数は9300万枚。

通貨発行枚数に上限はありません。

 

 

次にその通貨特有のリスクを調べてみましょう。

 

イーサリアムのプログラム言語(EtherScript)は自由度が高いのですが、プログラムを書くのはなかなか難しいと言われています。

 

それゆえに作成したプログラムにバグがあることも。

 実は過去にもプログラムに欠陥があり大惨事になったことがあるのです。

 

そこで次回はイーサリアム・プロジェクトで起こった大事件、

the DAO事件について解説したいと思います。

 

イーサリアムへの投資はコインチェックがオススメです。

 

 

コインチェックは国内最大手取引所なので、オススメです!

【 簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

 

ではでは。