ノブナガの仮想通貨投資日記

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。仮想通貨に関することを記事にします。

COMSAのICOセールについてまとめてみた。

COSMAではありません。COMSA です。

私も間違えましたので、念のため。

 

 

f:id:youdan:20170803235739p:plain

 

最近、リリースされたCOMSA

イケハヤ先生やら、暗号通貨女子が話題にしているので、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

ホワイトペーパーなどを読むのはかなりの労力なので、私が要点をまとめます。

(追記:私の意見はこちらから)

 

まずすごく簡単に要約すると、

COMSAは仮想通貨界の東京証券取引所(東証)をつくろうとしています。

今回のICOセールでは、COMSAの「株式and利用通貨」(のようなもの)を公募しようとしています。

 

上記を理解したうえで、以下の文を読むとイメージしやすいと思います。

 ちなみにこの記事は中級者〜上級者向けです。

 

COMSAへの登録はこちらから。

COMSAのトークンセールに登録する 】

 

要点というより概要を知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

youdan.hatenablog.com

 

 

 

COMSAを理解するポイント

COMSAの特徴を4点あげます。

 

①COMSAはイーサリアム(ETH)の競合

COMSAはテックビューロ社が発表したICO(仮想通貨を用いたIPOのようなもの)ソリューションで、ICOプラットホーム(いわゆる東証)を志向しています。

(複数ブロックチェーン間のゲートウェイも担うとのことですが、私は魅力を感じないので無視します)

 

ですので、システムは異なりますが、イーサリアム(ETH)と競合するでしょう。

 

しかしながら、完全に競合するかと言われるとそうではなく、棲み分けされる可能性もあります。

 

COMSAはテックビューロ社が主導することから、日本に特化したICOプラットホームになるのではないでしょうか。

(註:欧米やロシアなどにもプレスリリースをしていますが、海外のICOシェアを勝ち取れるかは不透明です)

 

②COMSAは中央集権の組織

COMSAはブロックチェーンを用いたソリューションを提供しますが、COMSA自体は中央集権です。

開発も、ブロックチェーンの承認(これにはブロックチェーンが用いられます)もCOMSAが行うとのこと。その点はRippleの組織体制とかなり近いです。

 

この点については、ホワイトペーパーにきわめて現実的な指摘がありましたので、引用しておきます。

 

COMSAの現在の戦略は、中央集権化された実ビジネスをまずブロックチェーン側に誘導し、それ を非中央集権化された要素で拡張し、そして技術が成熟した暁にはそのビジネスモデルをさらに非 中央集権化された状態へと改良していく、というものである。現時点での我々のポリシーは、技術 の黎明期に「限りなく非中央集権化を目指す」というものではなく、明確に「限りなく堅牢で、ト ラストレス、且つ監査可能であること」である。

 

要するに分散組織は時期尚早だから、まずは中央集権で行くよと言っていて、この点については、私は本当にその通りだと思っており、好評価です。

 

③トークンセールでの発行分から、一度だけ100%追加発行される

本日(8/3)から10/2までは周知期間。

 

トークンセール(上限なし)は10/2~11/6に行われ、対応通貨はBTC、ETH、NEMです。

セールで購入すると購入分のCOMSAトークン(1USD=1COMSA、略称CMS)が配布されます。

 

その後、トークンセールで発行された分と同額分のCOMSAトークン(CMS)が追加発行されます(ここで発行上限が決定)。

 

追加発行されたCOMSAトークンは以下のように配分されます。

・紹介者(10%)

・経営者、社員、ステークホルダーなど(40%)

・テックビューロ社が保有(50%)

 

したがってセールで購入したトークンの持分比率はトークン全体の50%に希釈化されます。。

 

 

④経営陣はテックビューロ社である

テックビューロ社が主体のプロジェクトですので、経営はテックビューロが行います。

 

ちなみに評議員にはかなり著名な方々が集まっていますが、これは社外取締役のようなものでしょう。またパートナー企業は金融、IT系の関連企業が集っていますね。

 

評議員、パートナーはあくまで一員にすぎず、主導権はテックビューロ社にあると考えましょう。

 

おわりに

COMSAのホワイトペーパーについて、まとめてみました。

 

私は日本語のホワイトペーパーを読んでまとめましたが、英語のホワイトペーパーも存在し、記述が矛盾している場合は英語のほうが正しいとのこと。

 

意図的な誤訳はないと思いますが、気になる方は英語版のホワイトペーパーも読まれることを推奨します。

 

以上、COMSAについてまとめました。

COMSAのICOセールについての私見はまた明日述べようと思います。

 

現時点での評価を軽く述べます。

COMSAは大変魅力的なICOである一方で、懸念すべき点もあり私としても評価が定まっていません。

 

トークンに出資するには事前にCOMSAへ登録することが必要です。

登録はこちらから。

COMSAのトークンセールに登録する

 

眠いので寝ます。疲れたので、明日考えよう。

では。

 

【追記】 

 わたしの意見はこちらからどうぞ。

youdan.hatenablog.com

youdan.hatenablog.com