ノブナガの仮想通貨投資日記

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。仮想通貨に関することを記事にします。

仮想通貨の未経験者でもわかるCOMSAのICOセール入門

f:id:youdan:20170809002649p:plain

 

こんにちはー。

仮想通貨は相変わらず好調ですね。

 

 

今日は初心者でも理解できるCOMSAの記事を書きます。

というのも以前COMSAのICOセールについて記事を書いたのですが、難しいという声がありました。私も読み直してみて、我ながらこれは上級者向けだな、と思ってしまいました。

 

実はCOMSAを理解するためにはかなりの前提知識が必要です。

 

COMSAを理解するためには仮想通貨やICOを理解する必要があるのですが、仮想通貨やICOを理解するためには株や金融の知識が不可欠、という地獄のような構図になっています。。

 

これでは誰も理解できません。

ですので、今日は仮想通貨やICOという言葉をほとんど使わずに、COMSAをざっくり説明していこうと思います。

仮想通貨やICOとかはよくわからないけど、株取引をやったことがある、日経新聞を読んでる、 そんな方なら理解できるのではないかと思います。(結構頑張れば普通のJKでも理解できると思います)

 

 

ではでは行ってみましょう。

(初心者向けの解説ですのでざっくり説明しています。厳密には異なる点もありますが、イメージを掴んでいただければ幸いです) 

 

 

 

 

まずはCOMSAをリリースしたテックビューロ社を知ろう

COMSAとはテックビューロ社が行う新事業(新プロジェクト)の1つです。

テックビューロ社というと聞き覚えがないと思いますが、仮想通貨クラスタにとっては有名な会社です。

主な事業はmijinという仮想通貨ネム(XEM,NEM)を用いたブロックチェーン構築プラットフォームの開発と、Zaifという仮想通貨取引所の運営など。

 

テックビューロ社は将来が期待されている会社の一つと言っても決して過言ではないと思います。

 

COMSAって一言で言うとどんなプロジェクト?

超簡単に述べます。

COMSAがどういうプロジェクトかと言うと、今まさしくCOMSAがやろうとしているように、法人がインターネットを通じて不特定多数の個人(や法人)から出資金を募る仕組み(ICOプラットフォーム)を作るプロジェクトです。

 

今までは不特定多数の個人から出資金を募るには、株式公開くらいしか方法がありませんでした。

株式公開なんて普通の人にはできませんが、COMSAを用いることによって、簡単に出資金を募ることができるようになるのです。

 

COMSAが注目されているたった一つの理由

 

インターネットを通じて不特定多数の個人から出資を募る仕組み(ICOプラットフォーム)は実はすでに存在しています。

その一つがイーサリアム(ETH)という仮想通貨を用いたプラットフォームです。

 

 そうです。COMSAが提供するサービス自体はすでに存在しているのです。

ではなぜ、COMSAがここまで注目されているのか。

 

それは今回のプロジェクト(COMSA)に上場企業や大企業を巻き込んだからです

 

いままで企業は仮想通貨での資金調達を信用するに値しないものとして、完全に無視していました。その結果、旧来通り株であったり、社債であったりで資金調達してきたのです。

 

しかし、今回上場企業を巻き込んだことで、企業がCOMSAを用いて資金調達する可能性が飛躍的に高まりました。

 

もちろん、今回のプロジェクトはプロジェクトに参加していない企業でも簡単に利用することができます。

「上場企業の◯◯もやっているのだから自分たちもやってみよう」

「同業他社の○○もやっているのだから自分たちもやってみよう」

 

そういう風潮になってくれば、COMSAは爆発的に普及する可能性があるのです。 

 

私たちもCOMSAに出資できる

プロジェクトへの出資=COMSA(CMS)トークンを買う

ではどうすればこのCOMSAプロジェクトに出資できるのでしょうか? 

詳しくはホワイトペーパーをご覧いただければと思いますが、やることは簡単です。

 

COMSA(CMS)トークンを購入する。

これだけです。

 

値段は1トークン=1ドル(約110円)。

 

トークンってなんぞ?って思う方もいると思いますが、まあ株のようなものだと思ってください。

 

そこそこ人気があるトークンは取引所で売買することができます。

COMSAトークンもZaifという取引所で扱われることが確定しています。 

トークンを買うとどうなる?

COMSAトークンには確認する限り、株のような配当はありません。

しかし、COMSAトークンはCOMSAプロジェクトがヒットすると欲しい人が増える仕組みになっています。

(詳しくはホワイトペーパーを参照)

 

さっき述べたように、今回COMSAプロジェクトに上場企業を巻き込みました。

ですから、もし今回のプロジェクトに上場企業が利用しCOMSAが普及すれば、COMSAトークンは高値となり売却益を得られる可能性が高いのです。

 

ではトークンはどうすれば買えるの?

いまはまだ買えません。

ホワイトペーパーによると2017年10月2日14:00から販売が開始され、販売終了は11月6日14:00とのこと。

 

購入するには事前にCOMSAへ登録することが必要です。

興味のある方はあらかじめ登録しておくことを推奨します。

COMSAのトークンセールに登録する

 

以上、COMSAについて解説してきました。

ホワイトペーパーの論点をまとめた記事も書いています。上級者向けの記事ですが、ぜひ読んでみてください。

youdan.hatenablog.com