ノブナガの仮想通貨投資日記

1991年生まれ。2014年に仮想通貨投資を始めました。仮想通貨に関することを記事にします。

最近の匿名通貨3兄弟(Dash,Monero,Zcash)についてまとめてみた。

こんにちはー。

 

ビットコイン分裂騒動からCOMSAのICOセールのリリース。日々さまざまなニュースが飛び交っていた8月の暗号通貨市場も少々落ち着いてきました。

開発者のみなさんも夏休みというところでしょうか。

 

最近の私は時間を見つけてはリサーチの時間にあてています。

 

そこで最近気になっているのは匿名系通貨。 

今日は匿名系通貨の3兄弟Dash(ダッシュ)、Monero(モネロ)、Zcash(ジーキャッシュ)が主人公です

 

この3通貨は時価総額トップ20に入る人気通貨なのですが、日本ではあまり話題になっていないように思います。

 

逆に言えば、まだまだ日本人にとってマイナーだということ。上昇余地があると言えるかものしれません。

  

 

 

まずは3兄弟を比較してみる

まずはこちらのキャプチャーをご覧ください。

 

f:id:youdan:20170811175842p:plain

 

暗号通貨を時価総額順に並べた表ですが、Dashは9位、Moneroは13位、Zcashは19位となっています。

このブログでは時価総額順に、Dashを長男、Moneroを次男、Zcashを三男としました。(異論は受け付けますw)

 

兄弟同士は匿名通貨というライバル関係にあります。しかし、リサーチしてみるといろいろと特徴が見えてきたので、最近のトピックスから三兄弟の性格をまとめていきます。

 

 一歩先に普及が進む長男Dash

長男坊Dashは元々はDarkcoinという名前でしたが、怪しすぎるということで最近改名。

特徴は処理速度がとても早いことです。

 

ビットコインATM製造大手のLamassu社と提携

Dashは2016年ビットコインATMを製造するLamassu社と提携しています。

2017年8月現在、全世界でLammasu社のATMは200台ほどあり、日本にも東京の麻布に2台ほどあるとのこと。(Lamassu社のHPより)

 

www.youtube.com

 

こんな感じでDashとビットコインに対応しているみたいです。

 

Dashでアマゾンギフトカードが15%OFFで買える

また、Amazonギフトカードが15%OFFで購入できる(ただし日本に対応しているかは不明)BitcartというサービスもBTCとDashの取り扱い

 

このようにDashは既に通貨として普及していると考えても良いでしょう。

 

Dashのまとめ

直近の動きでは公式iOSアプリがローンチされたり、Dash Evolutionというロードマップが示されたことなどがあります。

 

Dash Evolutionではユーザーフレンドリーが追求されているとのことで、一人あたり複数の口座がもてたり、共有口座がもてたりするようになるとのこと。

 (詳細情報はこちらから)

 

一般的な決済という王道を行くお兄ちゃんDashというところでしょうか。

将来が楽しみなお兄ちゃんですね。

 

Alpha bayなき次男坊Moneroの今

 Moneroといえば、Alpaha Bayと呼ばれる闇マーケットの主要通貨として有名でした。

しかし、Alpha bayは最近米国司法省によって閉鎖。管理人はタイにて自殺という最悪の結果となりました。

アルファベイが閉鎖される | ブロックチェーンラボ

  

しかし、それでMoneroコミュニティが萎んでしまったかというと、決してそんなことはないようです。

 

7月にはノルウェーのオスロでMoneroコミュニティによるミートアップが行われ、8月にはロサンゼルスでミートアップが行われました。

www.meetup.com

 

また、最近ではMonero対応のATMもあるようです。

 

 

 

こういった動きからみれば、Alpha bay 閉鎖の影響は軽微で、コミュニティは成熟期を迎えつつあると言えるのかもしれません。

 

闇マーケットに強くコミュ力のある次男坊がMoneroというところでしょうか。

 

明るい話題が多い三男Zcash

Zcashといえば、ゼロ知識証明と呼ばれる独自の技術。

 

ゼロ知識証明については米国系投資銀行のJPモルガンも高く評価しており、

ZcashはJPモルガンとの提携が発表されています。

 JPモルガンがZcash(ジーキャッシュ)のセキュリティ技術を採用 – ブロックチェーンビジネス研究会

 

さらに最近ではWikileaksでの寄付取り扱いも開始

WikileaksでZcashの受け入れ開始 - とってもやさしいビットコイン

 

ロシアでは既にZcashのATMもあるようです。

cointelegraph.com

 

Zcashは投資銀行だったり、Wikileaksであったり、かなり尖ったところに普及していますね。

技術屋で変わり者の三男坊Zcashというところでしょうか。

 

匿名系通貨の今後の展望

 以上、匿名系通貨3兄弟についてまとめてみました。

 

個人的な意見を述べると、匿名通貨が一般人に普及するのはまだまだ先だと思っています。ビットコイン(BTC)、ネム(XEM)、そしてイーサリアム(ETH)が信頼を獲得して普及してからでしょう。

 

そういう意味では短期的な価格上昇にはあまり期待できないかな、と思います。

 

ただし、リサーチ結果からもわかるように、現実社会への普及は着実に進んでいます。長期的にはかなり有望だと思っています

 

ただし三兄弟の誰が生き残るのか、もしくは棲み分けされていくのかはまだわかりません

 今後もしっかり情報収集していくことが大事ですね。

 

 匿名系通貨3兄弟を購入できる取引所はcoincheckです。

 

匿名系通貨に興味のある方はぜひ。

 

【2017.8.15追記】

ビットコイン(BTC)の売買はbitFlyerがオススメです。

bitFlyerの口座を開設する

※【2017.8.15】今までCoincheckをお勧めしていたのですが、カバー先(poloniex)の取引量が落ちていますので、取引所リスクを懸念しています。その意味で、私はbitFlyer をお勧めします。